So-net無料ブログ作成

良浜お誕生日おめでとう!!(2011.09.06) [良浜その他]

 昨日9月6日は良浜の11歳の誕生日でした。おめでとう!!
前日の5日には、アドベンHPでお誕生日が開催されることを知りましたが、残念ながら私は業務の都合上で行くことが出来ませんでした(T_T)。

ひょっとして私が行ってないかな~と思って遊びに来て頂いた皆さま!!御安心下さい。前日夜に急遽嫁さんに行ってもらうことにしました。とてもいいお誕生日会だったようですので、その様子を紹介いたします。楽楽&盈盈のお誕生日会の紹介が遅れてしまいすみません。もうちょっとだけ待ってください。

いつも最初に紹介する告知ポスターのたぐいを園内で見つけられなかったらしいので、今回はいきなりお誕生日ケーキの紹介からです。
001.jpg
いつものように笹やおやつが氷のケーキに埋め込まれていますが、少し横に広めの直方体をしているようです。それにしてもいっぱい竹を挿してありますね。これからの変化が楽しみです。

 まずはいつも通り、海浜陽浜がやってきました。誘導にはいつも以上に手こずっていました(^^;)。
002.jpg
そしてミルクタイムが始まりました。屋外での海浜陽浜のミルクタイムは、彼らのお誕生日会以来でしょうか。
003.jpg
ミルクが終わると、すべり台やブランコ等でおやつをあげている間に、飼育員さんがケーキのデコレーションをはじめました。大と中のハートがニンジンシャーベットで、小さいのがリンゴでしょうか?とてもかわいいですね。
004.jpg
005.jpg
そして最後に、飼育員さんが"1"のシャーベットを2つ持ってきました。
006.jpg
007.jpg
ケーキの土台部分にセッティングして完成です。高さは低めですが、かなりの力作ですね。
008.jpg
そして主役の良浜の登場です!!
009.jpg
今日は真っ直ぐにケーキに向かっていきましたが...。
010.jpg
011.jpg
見事に正面に背中を向ける形になってしまいました(>_<)。隆浜秋浜の4歳のお誕生日会のように、モート下にケーキが落ちてしまう場合もありますし、なるべく多くの方から見えるように配慮が必要だと思いますので、ケーキの位置取りはいつも悩ましいところだと推察いたします。今回は結果論で言えばもう少しだけモート寄りにケーキをおいた方が良かったのかもしれませんね。
012.jpg
最初はいつも通り海浜が良浜にくっついてケーキのそばにいましたが、少しして陽浜もやってきました。
013.jpg
014.jpg
ようやく再びケーキが見えた頃には、既にハート形のトッピングは全て無くなっており、”1”のシャーベットも2個とも引き倒されていました(T_T)。
015.jpg
あとは誰が主役かわからない無法状態(^^;)。元気な3ショットをしばらくお楽しみ下さい。
016.jpg
017.jpg
018.jpg
019.jpg
020.jpg
021.jpg
022.jpg
023.jpg
しばらくじゃれ合ったり笹を堪能したりしたあと、屋内運動場へ移動することになりました。お疲れさま~
025.jpg
というわけで、引き続き屋内に...と行きたかったのですが、陽浜がなかなか動く気配が見えません。う~ん、マイペースですね(^^)。
026.jpg
最後は飼育員さんに抱えられて強制移動になりました。
027.jpg
こうしてようやく屋内に移動しました。
028.jpg
室内にはいるといきなり2頭とも母乳をもらいはじめました。029.jpg
そういえば最近開園後の早めに母乳をもらうケースが増えたような気がします。
030.jpg
そして母乳が終わったら再びプロレスタイム!!すぐ目の前に”1”の字のカケラが散らばっていましたが、じゃれ合うのに夢中です。
031.jpg
032.jpg
033.jpg

それでも暫く経ったら、オレンジ仔パンダが誕生していましたとさ(^^;)。
034.jpg
035.jpg

nice!(0)  コメント(8) 

nice! 0

コメント 8

KYOKO

かあちゃんさん、素敵な写真をいっぱいありがとうございます。
竹のろうそくもちゃんと11本あるんですね。
海:「あっ、ぼくの"1"だぁ~」
陽:「ようたんの"1"だょ」
良:「ママの"11"よっ!」
3頭揃ってお誕生日会が出来るなんて夢のようですね。
マイペースな陽たんの後姿、かわいい~ (*≧m≦*)

by KYOKO (2011-09-08 18:29) 

tochan

>KYOKOさん
コメントありがとうございます。嫁さんも行った甲斐があったと喜んでいます。海浜の1と陽浜の1、そして良浜の11、本当にそんな会話が聞こえてきそうですね。
by tochan (2011-09-09 01:37) 

CHIKO&CHIKO旦

とにかく陽ちゃんの後姿に爆笑でした。

最近のラウちゃんはいつもボコボコになってますが、今までわがままいっぱいに暮らして来たので、仕方ないですよね。

かあちゃんさん、そして、とおちゃんさん、素敵なfamilyの写真、ありがとうございました。
by CHIKO&CHIKO旦 (2011-09-09 20:35) 

みお吉

かあちゃんさま、素敵な写真ありがとうございます。
私は何とか見にいけたのですが、お誕生日当日さっそうとケーキに向かうもラウちゃんは観客にお尻を向けてしましました。アドベンのHPには当日のラウちゃんの横顔がなんとか写ってますね。
当日はお誕生日グッズの販売もありましたし、昼過ぎまで親子3頭寝ないではしゃいでいたのでとても見ごたえありました!
ラウちゃんは海浜にいつも邪魔されて大変そうです。ラウちゃんが子供の頃は4箇月しか梅梅といっしょにいられなかったのに可哀想・・・と密かに思うのは私だけでしょうか。確か梅浜・永浜も1年以上ラウちゃんと一緒に過ごしてたんですよね。
by みお吉 (2011-09-11 22:50) 

tochan

>CHIKO&CHIKO旦さん
こんばんは♪ 実は昨日10日もアドベンに行ってたのですが、
相変わらず陽浜はなかなか帰ろうとしないですね(^^;)。

一方の海浜は良浜にくっついて回って、仰る通りボコボコに
なってますね。まぁ、良浜も負けずに屋内のやぐらから海浜を
追い出してましたけどね。

もうすぐ親離れの時期を迎えそうですが、良浜はほっとするのか
寂しがるのか...どう思うでしょうね。
by tochan (2011-09-11 23:29) 

tochan

>みお吉さん
こんばんは。コメントありがとうございます♪
当日どこかで嫁さんと会われているかもしれませんね。

嫁さんも何とかお誕生日グッズを購入出来たそうですし、
3頭がはしゃいでいたので堪能出来たとご満悦でした。

子育て期間については、もっと長く野生と同様に1歳半
ぐらいまで一緒にしておくべきだと言う方は結構多いですよ。
みお吉さんだけではないです。

ただ、あくまで私見ですが、今と違って良浜が生まれた当時は
日本で12年ぶりに生まれたパンダの赤ちゃんであり、
長期ブリーディング制度での実績を必要としていました。
時代背景を考えればやむを得なかったと思っています。

期間が短くても立派に子育てが出来ることは、他ならぬ
良浜が証明してくれましたしね(^^)。

むしろ、勝手に住む環境を破壊されて、数が減ったから
と言って生息地から勝手に連れてこられて繁殖研究を
せざるを得なくなったことこそ本当に可哀想だと思います。

でも、連れてこられたからこそ彼らに出会うことが出来たわけ
ですし、愛着を持つことも出来た...矛盾だらけですよね。
元々に矛盾があるから見解が分かれるんでしょうね。

お気を悪くされたらすみません。正直に私見を述べてみました。
by tochan (2011-09-12 00:20) 

みお吉

返信ありがとうございます!
子育て期間の1年半母パンダと一緒にいるのは賛成なのですが、通常野生では1匹しかしない子育てが2匹になる場合、母パンダへの育児負担が2倍になるのではないかと心配です。梅梅も若くして亡くなったので、その辺どうなんでしょうね。。。

生息地が環境保護意識が低い中国ですから、パンダ保護施設ができるだけでもありがたいのかもしれません。せめて白浜のパンダ達は故郷で過ごすのと変わらないような、子沢山で長生きなパンダ達であって欲しいと願ってます。
by みお吉 (2011-09-12 23:45) 

tochan

>みお吉さん
またまたコメントありがとうございます。気づかず失礼しました。
失礼ついでに(これは専門家の責任ですが)、
"梅梅は早死にだった"、"2頭同時に育てると負担が増えて早死にする"
という2つの誤ったイメージをお持ちのようですので、
少し実例で訂正させて頂きます。

実は寿命の話は、ほとんどの動物園や施設、専門家が
野生パンダの寿命は15~20歳、飼育下だと25~30歳
と言っています。野生のパンダについては私はデータが
ありませんが、少なくとも飼育下においての寿命は
明確な誤りです。ちゃんと計算すると野生と変わりません。

人間に例えると、最近100歳を超える人が日本でも万人単位に増えてきていますが、このイメージで"世界中の人間の寿命は100歳ぐらいです"と言っているのと同じぐらい乱暴な話なんです。厚生労働省も各生命保険会社も、きっちりと各年齢での死亡数や生存数を基に統計的計算を行い、データで示しますよね。これがジャイアントパンダの世界では全くされずに、飼育員や獣医、専門家でさえイメージで答えるのが実態です。

詳しいデータは割愛しますが、過去享年(野生捕獲の推定享年を含む)がわかるパンダを統計的に計算すれば、実は梅梅の没年齢は平均を上回っています。飼育技術が上がったはずの最近の10年間にデータを限定しても上回っています。乱暴に(本当は統計上誤りですが)0歳児で亡くなった子を抜いて計算しても、平均は約18歳です。あまり野生と変わりませんし、梅梅はそう若死にしたわけでもありません。

育児負担についても、通常野生下でも24時間自分の1頭の子供を見続けているわけですから、すり替え方式でも負担は変わらないはずです。実は母乳が1頭分しか出ないので、これについては飼育スタッフが人工乳で補います。

現在成都基地では、今年21歳になる娅娅が7頭の面倒を見ていて今も健在である実例もあります。育児負担と寿命は関係なく、梅梅も早く死んだ訳ではないということがご理解頂ければ幸いです。
by tochan (2011-09-18 11:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。