So-net無料ブログ作成
検索選択

碧峰峡幼稚園の2010年生まれ子パンダたち(2012.05.04) [番外編]

皆さまお待たせしました。今回は、碧峰峡の大きく分けて3つあるエリア
(白熊坪、幼稚園&繁殖場、豹子山)のうち、真ん中にある幼稚園エリアに住む
2010年生まれの仔パンダ4頭を紹介いたします。

まずは恒例の、案内板を用いた説明です。残念ながら、ここ碧峰峡の案内板は
区割りが正確ではないようですので、仕切りの壁を赤線で書いてみました。
今回の舞台である熊猫幼稚園は、左下の2011年生まれの2頭が暮らすエリアと、右上の2010年生まれ4頭が暮らすエリアがあります。
000.jpg
下の写真は、zhi chun, qing shan, zhao yang & ao aoと書かれている
exploreのLIVE CAMをご覧になったことのある方には、おなじみの風景ではないでしょうか。上の案内板に黄色の丸と矢印で書いた位置に、LIVE CAMのカメラが設置されているようでした。
001.jpg
このエリアで暮らすのは、張卡と茜茜が2011年に生んだ子供です。まだ里親がいないため、それぞれ小張卡、小茜茜と呼ばれていると伺いました。この時は2頭とも中央付近の木に登ってお昼寝中でした。

この幼稚園エリアには、丘の中腹あたりにコンクリート製の壁があり、2つのエリアに分かれています。さらにその奥に運動場が少し見えますがわかりますか?この奥のエリアには、先ほど書いた2010年生まれのzhi chun, qing shan, zhao yang & ao aoの4頭が暮らしています。
002.jpg
但し、この4頭が実際に遊んでいるのは、ほとんどが先ほどの案内板でピンク色の楕円で囲ったエリア(下の写真の場所)ですので、LIVE CAMから彼ら4頭の姿を確認することは少ないと思います。
003.jpg
そこで今回は、この4頭を見分け方法やプロフィールも交えながら紹介します。
一生懸命筆談で数回確認したつもりですが、もし間違えていたらご容赦下さい。
お気づきの点はご指摘頂けると嬉しいです。
※まだ父親未確定(MULTIPLE)の子もいますので、父親の名前は割愛します。ご了承下さい。
004.jpg
まずはじめにタケノコを片手にカメラ目線を向けてくれたこの子から紹介します。
101.jpg
この子は2010年10月19日生まれの雌パンダで、名前は知春(Zhi Chun)といいます。出生時の体重は115.6g。母親は優優ですので、四川大地震で残念ながら途中で終了してしまった、懐かしい3代目となりの子ぱんだブログの苺ちゃん[現在の戸籍名は新妮児(Xin NiEr)]の妹にあたります。

知春は、丸顔でアイパッチが小さいため、顔のパーツが他の3頭に比べて中央にコンパクトに集まっているように見えます。
102.jpg
私がこの日見た限りでは、知春の性格は陽浜タイプでした。
103.jpg
つまり、ひとり遊びが好きでマイペース。原則他のパンダがいない方へ移動します。特に屋内への出入り口付近か、右奥にある小屋の上が好きなようで、食事時以外はどちらかで寝ていることが多かったです。
104.jpg
続きまして、青山(Qing Shan)を紹介します。
201.jpg
青山は、2010年8月14日生まれの雄パンダで、出生時の体重は155.1g。母親の梅清が8歳で初めて授かった子供です。
202.jpg
顔が面長なのが青山の最大の特徴で、他にアイパッチのくびれというかハネが大きいという特徴でも区別が付くかもしれません。
203.jpg
性格はひとことで言えば明浜タイプでしょうか。青山は他の子にちょっかいを出すシーンも多々見られるのですが、時折ひとりになって空を見上げてボーッとすることがありました。面長な顔といい、どこかの白浜ブラザーズを思い出してしまいます(^^;)。
204.jpg
3頭目は頬毛が比較的豊かでアイパッチが細くてシャープな傲傲(Ao Ao)を紹介します。
301.jpg
傲傲は、2010年8月1日生まれの雄パンダで、出生時の体重は148.5gです。母親の水秀は推定2003年±2歳。北川県出身の野生のパンダで、四川大地震の約2ヶ月前に臥龍へ、そしてその1年後の2009年3月に碧峰峡へやってきました。私の推測ですが、推定年齢から考えると恐らく水秀も今回が初めての出産と思われます。
302.jpg
1頭1頭見比べて頂くためになるべく単独で写っている写真を探したのですが、傲傲はほとんど単独で写っているものがありませんでした。というのも、傲傲は後ほど紹介する朝陽(Zhao Yang)とほとんど一緒で、暇があったら他の子たちも巻き込んでバトルを繰り返していたからなんです。先ほどの単独写真は、実は朝陽を坂の下に引きずり降ろして勝利のポーズをとった所と、さらに朝陽を追いかけて自分も坂の下に降りているところなんです。
303.jpg
上下の写真とも左が傲傲、右が朝陽です。竹を食べるときや寝ているときまで一緒でしたので、このまま朝陽の紹介を続けます。
304.jpg
朝陽は2010年7月27日生まれの雄パンダで、出生時の体重は135g。母親の菊笑は梅清と同級生で、2010年に仲良く初出産となりました。
401.jpg
顔の輪郭が丸というよりやや横長に近く、アイパッチの間隔が比較的広くて漢数字の八の字に近く、傲傲よりはアイパッチの下の端が丸みを帯びています。個人的には朝陽が一番区別をつけやすいのですが、言葉で説明するのは難しいですね。
402.jpg
先ほど述べたとおり朝陽も単独で写っている写真がほとんどありません。下の写真は傲傲に落とされた後、目の前にあった池の水を飲んでいるところです。
403.jpg
どうですか?皆さま区別はつくようになってきましたか?この後、複数で写っている写真を何枚か紹介します。
あえて名前は書きません。せっかくなので、見分けにチャレンジして頂ければ嬉しいです。

(1)

501.jpg
(2)
502.jpg
(3)
503.jpg
(4)
504.jpg
(5)
505.jpg
nice!(1)  コメント(8) 

nice! 1

コメント 8

こぐまちゃんちゃん

とうちゃんさん

こんにちわ。
ブログ更新嬉しいです。

水秀も今回が初めての出産で当っています。
アオアオと双子の峰峰が5/4は同じ幼稚園に居ませんでしたよね???
峰峰がどこに行ったかわからないです。

ザオヤンは一番大きくて、顔がのっぺりしています。
横から見ると鼻が低いので、わかりやすいと思います。
2011年8月にザオヤンを抱っこして一緒に写真を撮った時に、すごくおとなしいと思ったのですが、この間は一番ケンカが強くて、驚きました。
何頭か一緒に居る時に、いつもザオヤンにばかり目がいってしまうのですが、今回私もやっと識別できるようになりました。
(成都の2010年生まれのパンダ達は識別できませんが・・・)

では、また。
by こぐまちゃんちゃん (2012-05-13 11:48) 

tochan

>とどちゃん(こぐまちゃんちゃん)さん
こちらこそnice!&コメントありがとうございます。
私はご承知の通り究極の日帰り碧峰峡でしたので、
結局峰峰には逢えず終いでした...。

時間切れはしょうがないのですが、非公開エリアが
多いのはちょっとさみしいですね。

峰峰に逢えなかったのは残念でしたが、
2010年生まれのエリアが4頭だったので
活発に動いていた割には比較的識別
しやすかったのかもしれません。

成都基地2008年生まれの13頭のときは
全頭の識別に1回では終わらず2年かかりました。
成都基地2010年生まれの7頭も現在復習中です。

仰るとおり、今回の碧峰峡幼稚園の4頭では朝陽が
一番わかりやすいですね(^^)。
by tochan (2012-05-13 21:29) 

こぐまちゃんちゃん

とうちゃんさん

返信ありがとうございますo(^▽^)o
成都の2010年生まれの7頭のうち、双子が2組居るんですね。
すごくかわいくて似てる顔の2頭が居たので、園園の双子かもと勝手に思っています(*^_^*)

別件ですが、先日のDVD見ました。
どちらもとても良かったです(*^_^*)
ありがとうございました!
マカオのパンダちゃん最高でした!
私も去年の夏に1日だけマカオに行きました。
調べたら、ちょうどとうちゃんさんの1日前でした。
その日はビデオを持参せず、2頭であまり遊んでなかったので、
とうちゃんさんのプレゼント嬉しい限りです(*^_^*)
来週また見ます(*^_^*)




by こぐまちゃんちゃん (2012-05-13 22:42) 

mrpenta

ご無沙汰しております。

貴重な情報ありがとうございました!

今年の2月に訪問したときは、この場所には5頭いたのですが、峰峰1頭だけ、飼育員さんに名前を教えてもらいました。

峰峰は去年の10月にツアーの企画でいっしょに3分間遊びました。丸顔で可愛い子パンダでした。
by mrpenta (2012-05-15 08:57) 

tochan

>とどちゃん(こぐまちゃんちゃん)さん
成都基地2010年生まれの7頭は、私も
二喜と嬌慶と娅韻の3頭はすぐにわかりますが、
園園の双子と奇珍の双子は少々見分けに迷っています。

澳門の映像は素人の拙いものですので、
思い出しながら楽しんで頂ければ嬉しいです。

by tochan (2012-05-15 21:27) 

tochan

>mrpentaさん
こんばんは♪ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
ついに先日写真を見せて頂いた碧峰峡行ってしまいました!!

このエリアのパンダたちは活発だったので、比較的わかり
やすかったとはいえ、メモを片手に執拗いぐらい飼育員さんに
1頭1頭の名前を確認し、わかったところで、ひたすら
その1頭をとり続けながら特徴をメモして覚えていく
という方法を繰り返して、4頭見分けるのに1時間近く
かかってしまいました(^^;)。

峰峰に逢えなかったのは残念でしたが、とても
かわいいパンダたちですね。
by tochan (2012-05-15 21:41) 

jyonjyonpanda

とうちゃんさん こんにちは。

お写真アップありがとうございます^^
傲傲絡んでますねー(笑)
そして腹筋が弱い...

峰峰ちゃんは非公開エリアに一時的に移動しているとお聞きしました。


by jyonjyonpanda (2012-05-19 17:31) 

tochan

>jyonjyonpandaさん
こんばんは。峰峰情報ありがとうございます。
非公開エリアにいるんですね。

今回初めて碧峰峡に行きましたが、
思っていた以上に非公開エリアにいる
パンダが多いなと思いました。
公開されている区画も、まるで万里の長城の
ようにアップダウンがあって広大ですね。
さすが本場です。

ところで、傲傲はこの日本当によく朝陽をはじめ
みんなに絡んでいってました。
元気でかわいいパンダですね(^^)。
書いているとまた逢いに行きたくなってきました。
by tochan (2012-05-20 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。