So-net無料ブログ作成
検索選択

上野動物園の赤ちゃん死亡...(2012.07.11) [番外編]

 とても悲しい知らせが日本中を駆けめぐりましたね。








7日間という短い命でしたが、真真のそばで幸せだったと思いたいです。
1日も早く真真の、そしてみんなの笑顔が戻る日が来ることを願っています。
M1240370.jpg
力力、真真、上野のスタッフの皆さま、夢をありがとうございます。できれば、もう公募でなくて良いので、"初初"のようなふさわしい名前を付けてあげて欲しいです。本当にお疲れさまでした。



--------------------------
とうちゃんの独り言:
 今回の件で、批判的な意見が随所に見られますね。不幸な結果に終わった悲しさの持って行き所がないのはよく理解出来ます。別に上野動物園スタッフの肩を持つ気はありませんが、いくら専門家がそばについていても、母親の体から生後1週間以内の赤ちゃんパンダの姿が常時見られるはずがありません。それこそ、いつも見えたら母親失格です。

私は幸浜の生後4日目、5日目(この日は夜間まで公開)の公開産室と、愛浜の生後7日目の公開産室を、公開時間中目一杯見続けたことがあります。そして短時間ですがモニター公開ではやはり生後1週間程度の梅浜永浜、海浜陽浜を見たことがあります。別に自慢したいわけではなく、何が言いたいかというと、とにかくほとんど赤ちゃんは母親の腕や頭に隠れて、いくら見ていても母親の背中や尻ばかりで、赤ちゃんはほとんど姿を見せなかったということです。考えてみれば当然な話で、この時期はとにかく保温が大事。通常母親は乳首に誘導してあげて、自分の毛で覆ってあげるからです。

保育器に置いておけば良かったという意見も、人工乳の免疫不十分と母乳搾乳のリスクを忘れています。代理母(そもそも今年はまだ世界中で他に子供が生まれていません)も代わりの母乳もない状況下では、可能な限り母親に預けて母乳を与えたいという方針は間違いではなかったと思います。

結果が全てといわれればそれまでかもしれません。ただ、残念な結果に終わったとはいえ、これ以上不毛な論争を続けて、さらに心の傷口が広がらないように願って止みません。
nice!(3)  コメント(15) 

nice! 3

コメント 15

パンダ橋

ニュースを見て「まさか」という感じでした。残念でなりません…
4年前にも痛感しましたが、パンダが成長するというのは
たくさんのリスクを乗り越えなければならない大変なことなのですね。

せめても、短い間だけでも真真と一緒にいて、天国に旅立てたのは
救いだったと思います。
親元で成長してほしいと頑張ってくれたスタッフの方々には、
労いの言葉を贈りたいと思います。
by パンダ橋 (2012-07-11 22:17) 

tochan

>パンダ橋 さん
24年ぶりということで、パンダの出産が初めてだったスタッフが
多かったかもしれませんが、本当に大変だったことと推察いたします。
私も感謝と労いの気持ちで一杯です。

赤ちゃんと真真は、昨夜一晩一緒にいられて幸せだったかな~なんて
思っていたところの訃報だったので、私も本当に驚きました。

俗にパンダの飼育には「出産直後の壁」「24時間の壁」「3日目の壁」
「7日目の壁」…と沢山の乗り越えなければ行けない壁があると
言われますが、改めて思い知らされた気がします。

早々にコメントありがとうございました。
by tochan (2012-07-11 22:28) 

パンダ橋

確かに、今朝「真真の元に戻った」という話があった矢先でしたので
私も本当に驚きました。ニュース速報で死亡を知った後に、夕刊の一面で
その詳細な記事を見た時が一番悲しかったです…

王子もアドベンも様々な苦労を乗り越えて頑張ってきてますし、
上野もまだ再開2年目ですから、また頑張ってほしいです。

来週上野に行く予定ですので、顕花・記帳等の場所が設けられるなら
やってきたいと思います。
by パンダ橋 (2012-07-11 22:58) 

Chocolat

 赤ちゃん死亡のニュースは本当にショックでしたが、動物園側へのインタビューの質問には心が痛みました。

 アドベンチャーワールドのすばらしい成果は、飼育員さんの献身的な努力にくわえて、たくさんの奇跡的な幸運が重なった結果なんだろうと思っています。
 そのようなことを全く理解せず、すばらしい成果を出し続けているアドベンチャーワールドの方が当然で、赤ちゃんが亡くなってしまった上野がおかしいと言わんばかりの質問では、、記者の人たちの勉強不足が露呈しているだけに見え、非常に残念でしたし、悲しくなってしまいました。
 もっとちゃんとパンダさんのことを理解した上で質問してほしかったです。
 
 飼育員さんも、シンシンも、とても疲れていらっしゃると思うので、ゆっくりしてもらって、また来年良い結果が出ればいいなあと思います。
 シンシンも次はよりしっかりしたお母さんぶりを見せてくれると思うので、赤ちゃんも安心して生まれ変わってこれますよね。

 愚痴のような書き込みですみません。インタビューを見ているとたまらない気持ちになってしまったものですから・・・。
 短い期間とはいえ、幸せな気持ちを味わわせてくださった赤ちゃん、リーリー、シンシン、そして上野動物園のスタッフの方々には本当に感謝です。また、赤ちゃんのご冥福をゆっくりお祈りしたいと思います。

 こんな時に不謹慎かも知れませんが、アドベンチャーワールドでたくさんのパンダさんに会えるのも当然のように思っていましたが、難しいパンダの繁殖に成功しているというのは本当にすごいことであり、希有で奇跡的なことなんだと改めて認識しました。
 次回の白浜では、ここで永明さん以下のパンダさんに会えるのは、奇跡的で感謝すべきことなんだということをしっかり心に刻みつけて行きたいと思います。

 聞いてくださってありがとうございました。
by Chocolat (2012-07-11 22:58) 

riepanda

こんばんは。

出来事自体も悲しく、ショックでしたが、会見での動物園側が悪いのではないかともとれるような質問内容や、ネット等で見かけた動物園への批判に対し心痛めていたところで、独り言の部分を読ませていただきました。

自然交配できたこと、初産なのに真真がちゃんと赤ちゃんのお世話を出来たこと、それだけでも素晴らしいと思っていますし、土居園長の様子を見ればどれだけスタッフの方々が頑張っていたかわかりますし、一生懸命行った結果だということがわかります。
(思わずもらい泣きし、涙が止まらなくなったほどです。)
それを批判されるのはとても悲しい気持ちです。

でも、やはり空白の45分のことが私自身も気になっていて…。
実際に生まれたばかりのパンダを見た経験をお聞きして、どれだけ観察が大変だったのか、よくわかりました。

パンダの赤ちゃんの飼育が難しいことをわかってはいたものの、Chocolat様が書かれているように、アドベンのようにちゃんと育つ結果が当然なのではなく、奇跡的な事なんだということを改めて認識できた気がします。

1週間だけでも幸せ光景を見ること、そしてその気持ちを共有できたこと、赤ちゃんと真真、力力、そして全力で取り組んでくださった園の方々には本当に感謝の思いです。
そして、またいつか、この幸せな光景をもう一度見れたら嬉しいです。
by riepanda (2012-07-12 00:39) 

tochan

>パンダ橋 さん
またまたコメントありがとうございます。昨日のコメント後
すぐに寝てしまいましたので、ご了承下さい。

実際に統計を取ると、過去50年での母親が
初産の仔パンダ1歳未満の死亡率は39.8%、
直近10年での死亡率は20.0%ですが、パンダは
1歳未満での死亡率が圧倒的に高いことは事実です。

ただ、死因は誤嚥性肺炎だったんですよね。公表
されているジャイアントパンダの死因の中では比較的
少ない部類かもしれません。

ということは、王子動物園でも言えたことですが、
今回は本当に運が悪かったということに尽きると思います。

来週献花台に行かれるとのこと。私も4年前のアドベンの
梅梅や2年前の王子の興興で献花台に行かせて頂きましたが、
他の方の万感の思いを込めたお花やメッセージ等々を拝見すると、
涙が止まらなかったことが思い出されます。

私はしばらく上京出来そうにありませんが、
遠く大阪の地から冥福を祈りたいと思います。

by tochan (2012-07-13 00:24) 

tochan

>Chocolat さん
心のこもったコメントありがとうございます。
私もこの記者会見のやりとりを見て、書かずにはいられなくなり
少々熱くなってしまいました。

今回は非常に残念でしたが、飼育下で生まれて自然交配ができる
雄パンダと、出産経験を持つ雌パンダを両方備えた動物園は
世界的に見ても非常に稀少です。力力&真真も立派に仲間入り
したわけですよね。

アドベンと上野、我々は日本にいてこの稀少なペアを2組も見ることが
できること自体幸せなことですね。本当に飼育スタッフの方々には
感謝です。

正直、今はまだすぐ来年!!といえるほどの気持ちの切替が
ついていないのですが、力力と真真はこれからも成果を
出してくれることを願うことにします。
by tochan (2012-07-13 00:38) 

tochan

>riepanda さん
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます。
単純に死因が誤嚥性肺炎と聞いて、これは母親の腕に隠れていたら
わからなかっただろうなと思った矢先のあの記者会見だったので、
本当に心が痛みました。

今年の春、上野松坂屋のトークショーで繁殖についての夢を笑顔で
語っておられた土井園長が見せたあの涙...深く心に刻まれました。
稀少動物たるゆえんや、注目度の高さを改めて感じた1日でした。

by tochan (2012-07-13 00:57) 

tochan

>さと八さん
nice!ありがとうございます。また、悲しい気分の中
さと八さんのブログコメントにお返事を頂きまして
ありがとうございます。

さと八さんが押してくださったnice!への1クリックに、
言葉にできない万感の思いが垣間見えたような気がしました。

上野の赤ちゃんが亡くなった日に碧峰峡でも新たに生を受けた
双子がいるようです。今度こそみんな元気で育つことを願っています。

by tochan (2012-07-13 01:04) 

さと八

tochanさん、こんにちは!
先日はnice!のみで失礼しました。
tochanさんの綴られたお言葉に励まされ、共感し、
なにより救われて...クリックさせていただきました。

私も気持が落ち着き、元気に過ごしています。
明日か明後日に献花をしに出かけてみようかと考えて
いるところでして...
心の中でではありますが、上野動物園にて
みなさまの分も赤ちゃんの冥福を祈り、
リーリーくんシンシンちゃんを励まし、
ご関係者様の労をねぎらって参りたいと思います。

by さと八 (2012-07-14 18:25) 

tochan

>さと八 さん
改めてコメント頂きましてありがとうございました。
あの記者会見をみて熱くなってしまい、拙い文章を
書いてしまったのですが、ありがたいお言葉を
頂きまして嬉しいです。

この連休中に献花をしに行かれるとのこと。
不思議なもので、献花台を目の当たりにすると、
改めていろんな思いが巡ってきて涙もろくなってしまうかもしれません。

私は恐らく今回は行くことができないと思いますが、
是非とも私を含め行くことのできないみんなの思いも
伝えて頂ければ幸いです。

by tochan (2012-07-14 23:24) 

こぐまちゃんちゃん

とうちゃんさん
こんばんわ。
ご無沙汰してます。
上野のパンダの赤ちゃんは本当に残念です。
明日、献花に行って来ます。
近年、成都や雅安の赤ちゃんは、ほとんどが無事に生育するので
上野もそうなってほしいと思っていました。
中国のスタッフは本当にパンダが好きな人ばかりで、いつもパンダの観察や世話をして、パンダのそばを離れないイメージがあります。
もう少し注意深く観察してたら、異変に早く気が付いて赤ちゃんを助けてあげられたのかな…と思いました。
アメリカや他国のパンダ達の多くも無事に育ってますね。
上野も来年またかわいい赤ちゃんが誕生すると良いです。


by こぐまちゃんちゃん (2012-07-14 23:39) 

tochan

>とどちゃん(こぐまちゃんちゃん)さん
こんばんは。コメント&Nice!ありがとうございます。
成都や雅安の赤ちゃんって最近ほとんどが無事に
成育しているというイメージがあるでしょう?

でも実は最近10年間で、中国国内でも合計32頭が
1歳未満で死亡or死産しているんです。単に中国では
亡くなっても報道がほとんどされないだけなんです。

意外かもしれませんが、最近の10年間(2002~11年)でも
全く死亡例がなかったのは2009年のただ1度のみで、
他の9年間は必ず複数頭数の死亡例があります。

直近10年間を平均すると実に全体の15.6%(37頭)の
パンダが生後1歳未満で亡くなっています(死産も含む)。
海外の死亡例は5例です。

出生頭数が多いので想像がつくかも知れませんが、
成都(成都基地&成都動物園)と臥龍(臥龍と碧峰峡)で
中国国内の約2/3を占めています。

ご存じないのも無理はない話で、この飼育下での成育率の話と
平均寿命(実は飼育下でも10~15歳)の話は、プロの飼育員や
獣医といった専門家の方でも、具体的な数字を知らない方も多く
イメージだけで話をしているのが現実なんです...。

これは想像になりますが、雅安側の獣医と飼育員が派遣されて
いたので、主導権は彼らが握っていたはずです。それでも
防げないほどパンダの新生児死亡率は現在でも高いものなんです。

お気を悪くされたらすみません。みんなに知って欲しかったので、
決してとどちゃんさんに他意はないのでご容赦下さい。

明日献花に行かれるんですね、お疲れさまです。
私は明日も休日出勤なので、遠くから冥福を祈っています。
by tochan (2012-07-15 01:06) 

monica

tochanさん、おはようございます。
遅くなってしまいましたが、
「とうちゃんの独り言」は、独り言であることが非常にもったいないです。
その他に書かれていらっしゃることもです。もっと皆様に知って頂きたい。
今回の件で一番納得できる文章でした。
本当にありがとうございました。

私ごとですが、7月5日はめずらしく東京にいました。
号外も出て、とてもとても嬉しかったのです・・・・・
by monica (2012-07-19 09:14) 

tochan

>monica さん
コメントありがとうございます。赤ちゃんが亡くなった悲しみと
その後の報道や各所での一部書き込みに違和感を感じ、
熱くなった思いのまま書いた急造のものだったのですが...。
過分なお言葉ありがとうございます。

出生当日は東京におられたんですね。さぞかし
祝賀ムードに包まれていたことでしょう。今回は本当に
残念の一言ですが、力力と真真はアドベンのように
きっと上野に黄金期をもたらしてくれると思っています。

拙ブログは、(どの話題に戻るか悩んでいますが)
次からは過去の訪問記を紹介する平常運転にするつもりです。
相変わらずのスローペースだと思いますが、もし良かったら
また遊びに来てください。
by tochan (2012-07-20 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。